前へ
次へ

紙質に合ったヘアケア用品を選ぼう

肌同様、冬は髪の毛も乾燥すると言われています。
髪のダメージを改善するようなヘアケア用品を使用することをおすすめします。
実際に使用した人の感想などを見ることが出来るインターネットの口コミサイトを利用することにより、手間を掛けること無く、人気の製品を探すことが出来ます。
また、普段利用している美容室がある場合には、美容師に相談をすることにより一人ひとりの髪質に合った製品を紹介してもらうことが出来るかもしれません。
それぞれの髪の状態に合ったヘアケア用品を使用することが大切になります。
使用し始めてから頭皮や髪の毛に何らかのトラブルが生じた際には、使用を中止し必要があれば医療機関を受診するようにしましょう。

くせ毛の人へのお勧めヘヤケア方法

くせ毛の人は髪がうねっている為、ストレートの人に比べて朝のセットに時間がかかってしまいます。
また、朝一生懸命セットしても強風の日や露の時期はすぐにうねりがでて纏まらない状態になってしまいます。
そこでおすすめのヘアケア方法を紹介します。
まず、夜髪を洗ったら夏でも自然乾燥はせず必ずドライヤーで乾かしてください。
その際しっとりめのヘアケア材を少量つけてブラシを使って丁寧に乾かします。
夜にしっかりお手入れをするだけで朝の髪の毛の状態が全然ちがいます。
朝のセットですがうねり防止のヘアケア材を髪の毛の根本につけます。
ブラシで根本からしっかり引っ張るような感じにブローします。
注意点は必ず”根本から”です。
はねている毛先だけブローしても意味がありません。
しっかりブローしたらしっとり目のクリームなどを少量なじませます。
セミロング位の長さの人でも約10分できれいに仕上げる事が可能です。
少し手間をかけることで1日気分よくすごせるのでおすすめのヘアケア方法です。

Page Top